事業ミッション

事業ミッション

医療現場で求められている
地域医療連携の一助となれる
システムを展開していきます

事業ミッション

医療現場で求められている地域医療連携の
一助となれるシステムを展開していきます

超少子高齢化が進む現代の日本において、「地域医療連携」の重要性は高まる一方です。それは人々が適切な医療を継続的に受けられる環境を維持すること、それに向けて地域のクリニックと病院とが役割分担、情報共有を図ること。厚生労働省もこの仕組みづくりを推進しています。

具体的には、初期診断・治療は地域のクリニックが担い、重症で緊急性の高い患者や高度医療を必要とする患者は病院で診療。その後の回復期・慢性期には再びクリニックや回復期専門の病院がフォローし、適切な治療を提供するといった、密な連携体制が築かれなければなりません。

こうした地域医療連携を円滑に進めるためには、地域のクリニックの特徴を患者がより深く理解する必要があり、クリニックや病院も患者の症状や住まい等を考慮した提携先を紹介することが求められます。

私たちは「クリニック」と「病院」の連携を円滑に進めることが、日本の医療課題解決の一助になると考えています。そして従来の「患者」と「クリニック」、「患者」と「病院」をつなぐメディアだけでなく、「クリニック」と「病院」をつなぐ「地域連携システム」も世の中に提供していきたいと思います。

  • ドクターズ・ファイル
  • ホスピタルズ・ファイル
  • 頼れるドクター
  • 採用情報
  • ドクターズ・ファイル
  • ホスピタルズ・ファイル
  • 頼れるドクター
  • 採用情報